いつまでも美味しくご飯を食べよう〜歯の治療法の今

歯を失うことは寿命に直結しています。もしも歯を失ってしまったらどのような治療法があるのでしょうか。

自分の歯の代わりになるもの

歯医者さんに行ったことはありますか。
毎日きちんと歯磨きをしていても、虫歯に悩まされている人は多いと思います。
虫歯がひどくなると、歯を削って詰めるだけでなく、歯を抜かなくてはいけなくなります。
それに歯がダメになってしまうのは虫歯だけではありません。
最近は広く理解されつつありますが、以前は歯槽膿漏と呼ばれていた歯周病でも大切な歯を失うことがあります。
たかが歯の1本や2本なくなったって、ご飯を食べるのに何の支障もないと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、残っている自分の歯の本数と寿命は直結しています。
人間の歯は一生のうちで1回しか生え変わることがありません。
大人になってから生えた永久歯を失えば、もう二度と歯を取り戻すことはできないのです。
歯を失えば寿命が短くなるとお話しましたが、それではなぜ日本の平均寿命は世界と比べて長いのでしょうか。
世界的にみて日本の80歳以上の方の残存している自分の歯はとても少なく、先進国と言われている国の中でもワーストの1、2を争うほどです。
それでも寿命が長いのは歯科医療が発展していて、とてもいい入れ歯やインプラントが開発されているからです。
入れ歯は健康保険を利用して、比較的安く作ることが出来るので歯を失った方はよく利用されています。
しかし入れ歯は残っている歯を支えに装着したり、全く自分の歯が残っていない場合には歯茎で支えたりしないといけませんので、どうしても食事や会話の際には違和感があります。
その点、インプラントは健康保険が利用できないので高価にはなりますが、歯茎に直接差し込むので違和感も少なく、自分の歯が残っている場合でも自分の歯に負担をかけることはほとんどありません。
入れ歯にしてもインプラントにしても長く使うためにはケアが大切です。
歯を失ったあとでも、いつまでも美味しくご飯が食べられるように現在歯科ではどのような治療方法があるのかを調べてみましょう。
新宿人間ドック。MRSO(マーソ)は医療施設を予約ができ、最寄りの駅からも病院検索です。